TOP >> 葉酸はビタミンB9です

葉酸はビタミンB9

葉酸(ビタミンB9)は体内でジヒドロ葉酸を経過してテトラヒドロ葉酸(Tetrahydrofolic acid)を生成しコエンチーム(コエンザイム)となって働きます。葉酸(水溶性ビタミン)は、ほうれん草の葉から発見されたのが語源です。ラテン語の中に於きまして「葉っぱ」を指すのは「folium」なのでfolic acid=葉酸(プテロイルグルタミン酸)と呼ばれる様になりました。クッキングや長い期間の保存が原因の酸化が要因で葉酸(ビタミンB9)は破壊されるため、春菊、カリフラワーやメロン、いちじくと言った果物が見事な供給源と思われる。なお、アルコール(alchol)を飲む事は葉酸の吸収および代謝を妨げるのです。葉酸(folate)と癌の因果関係は複雑です。理論上は悪性新生物を抑止できるように考えらるものの、近頃の研究では栄養補助食品投与は悪性腫瘍の確率を上昇させる事が認識されている。ビタミンMは身籠る前から意欲的に摂取するのが素晴らしいことだそうです。妊娠の初期にも胎児の奇形を防ぐために葉酸推奨摂取基準量を満たす為に摂る事が大切になってくるビタミンB9なんですね。常日頃より意識的にお食事から摂るのはわずらわしい上に難しいので、葉酸サプリメントに頼るとコストパフォーマンスが良いです。葉酸(読み方:ようさん)を多量に含むフードというのは、アスパラガス、緑黄色野菜、果物である。加えて、二分脊椎の発症リスクを降下させる効果があるとされる。ビタミンB9の摂取が不十分だとデオキシリボ核酸(核酸の一種)の合成に害となる危惧があり、細分化がアクティブな血球合成に不整合が生じ白血球疾患(慢性感染症・疲労)や貧血などのトラブルを生じる。